シミの対策と予防のことなら、是非当サイトを参考にして下さい(^_-)-☆

メラニンとチロシナーゼ

シミはメラニン色素から作られますが、そのメラニンの生成にはチロシナーゼという酵素の働きが関係しています。チロシナーゼが作用するとメラニンができるのです。

逆に、チロシナーゼの働きを抑えることができれば、メラニンの生成量を少なくできます。ビタミンCは、まさにその作用があるんですね。

メラニンを作る細胞はメラノサイトと呼ばれ、表皮の底の部分に分布しています。チロシナーゼはそのメラノサイトの中で働きます。だから、ビタミンCを表皮の深いところまで浸透させないと、メラニンを減らせないのです。

表皮の底でできたメラニンは、少しずつ皮膚の上の方に押し上げられていきます。そして、最後には垢と一緒にはがれ落ちるのです。

このベルトコンベヤーのような仕組み(ターンオーバー)がちゃんと機能していれば、メラニンが溜まってシミになるようなことはあまり起こりません。ターンオーバーの乱れは、シミのできる要因なのです。


«  メラニンとチロシナーゼ  »