シミの対策と予防のことなら、是非当サイトを参考にして下さい(^_-)-☆

シミと活性酸素

紫外線を浴びた場合も、炎症後色素沈着の場合も、シミの素メラニンが作られる過程で活性酸素がかかわっています。つまり、活性酸素が多く作られるとシミも出来やすくなるわけです。

活性酸素は「細胞を錆びつかせる」などと言われ、とかく悪者扱いされます。しかし、人間の免疫機能は活性酸素を利用していますし、活きている以上は活性酸素の発生は無くせません。

とは言え、余分な活性酸素はメリットがありませんので、なるべく発生させないようにしたいものです。

活性酸素が発生する要因は、紫外線、ストレス、睡眠不足、喫煙、食生活の乱れなど、多岐にわたっているので、やっかいですね。

ストレスでシミが増えたり、肌が荒れたりするのは、活性酸素がかかわっていたんですね。